学生講師メッセージ

Pocket

高平 健太郎 講師(東京大学医学部医学科4年)
指導科目:医学
出身高校:長崎県立佐世保北高校

高平 健太郎 講師

「覚え方の道筋が大切」

医学部での勉強は覚えることの分量も膨大で、大変かと思います。部活動やサークル活動が忙しく、なかなか勉強時間を確保できないと悩む方もいることでしょう。しかし、一つ一つの事項について覚え方の道筋さえ作ってしまえば短時間でも効率的な学習ができます。
医学部生として、どのように勉強してどのように覚えたかをお伝えできればと思います。

王龍 裕泰 講師(東京大学医学部医学科6年)
指導科目:医学
出身高校:私立灘高校

王龍 裕泰 講師

「医学を志す同志」

医学において重要なのは、単なる暗記にとどまらず様々な分野の知識を組み合わせ包括的に理解することだと考えています。共に医学を志す同志として、興味深い授業を目指して指導していこうと考えております。
また、勉強のみならず、日々の生活や実習などに関しても相談していただければと思います。これまでCBT対策を中心に指導してきております。
至らない点も多いと思いますが、可能な限りサポートして参りたいと思っています。

安藤 実大 講師(東京大学医学部医学科6年)
指導科目:医学
出身高校:私立本郷高校

安藤 実大講師

「知識を有機的に結びつけることが大切」

医学は暗記すべき事項が大変多く、一つ一つを単純に覚えて行こうとするとその量に圧倒されてしまいます。そこで必要なのは、基本的な解剖、生理から知識を有機的に結びつけていき、アウトプットしやすい体系化された知識を身につけることだと考えています。
それが実践できるような興味深い授業を目指して、これまでCBT対策を中心に指導してきました。また勉強だけでなく、部活動やサークル活動との両立など生活面に関しても親身に相談に乗り、一緒に考えるようにしています。

中村 圭吾 講師(東京医科歯科大学歯学部歯学科6年)
指導科目:歯科学
出身高校:私立駒場東邦高校

中村 圭吾 講師

「粘り強く指導します」

歯学部の授業では、膨大な知識と体系的な学習が必要であり、それらを習得するには単なる暗記ではなく、理解しながら学ぶことがとても重要となります。しかし、大学によって授業内容や指導方法も異なるため、勉強の仕方がわからない、受験で選択しなかった科目を一から学習する必要がある、定期試験に苦戦している、またCBTに向けて勉強を始めたいといった様々な声がございます。
私自身が学習してきた経験を生かし、生徒様のご要望に合わせた粘り強い指導を行ってまいります。一緒に頑張りましょう。